So-net無料ブログ作成
-| 2015年09月 |2015年10月 ブログトップ

パソコンが立ちあがらない… [パソコントラブル]

PCは数台所有していますが、仕事でメインで使っているパソコンが立ちあがらなくなった…
HPのモニター一体型、2009年製。
非常に困った…
一応バックアップは習慣になってるが、新しいPCを買う、ダウンロードしたソフトをまた入れる…
環境を設定する…あ~面倒臭い。
過去のメールが読めなくなるのも非常に困る。

現象としては、起動スイッチを入れると、中のファンが物凄い音を立てて、一向に収まらず、暫く待っても起動しない。
異常なファンの回転音。
電源スイッチを長押しして、強制終了させ、暫く待ってから再び起動スイッチを入れるも、「ブオォォ~ン」と、まるでだめ。

どうしようもないので、ダメ元でHPのカスタマーサービスへ電話。
予想に反してすぐ繋がった^^
購入して3年以上経ってるし、もう製造していないので修理の対象外と言われるも、まぁそんなもんだろうな…と。
解決できるかどうか分かりませんが、試して頂きたい方法がありますとのこと。
「電源ケーブル、ネットケーブル、USBケーブルなど一切を外して、電源ボタンを20秒ほど長押しして下さい…。」
ん?ん?なんだ?それでどうなの?と思いつつも、
「そろそろ20秒経ちましたね。では電源ケーブルだけ差し込んで起動させてみて下さい」
ボタン、プチ!

おぉぉぉぉ、立ちあがったぁぁぁ

理由を聞いたら、ケーブルを外し、起動スイッチを長押しする行為は、中の熱を放出させる働きがあるとのこと。
長年の使用で熱が内部で籠り、埃などがたまっているので放熱せず、そのためファンが異常に頑張るために起動できない状態です…と。

やるな、HPのカスタマーセンター!
これで暫くは安心して仕事できます。

バラエティ番組のカメラワーク [テレビ番組]

バラエティ番組で、タレントさんや芸人さんがトークを繰り広げる、いわゆるバラエティ番組。
大好きで、よく観てます。
そういう番組にすごい芸を持ったゲスト、例えば、パントマイムの大道芸人とか今時ならプロジェクションマッピングとダンスを融合させたものとか、天才ギター少年などが出演することありますよね、スペシャルゲスト!みたいに…。
で、ゲストがネタとか芸、技を披露しているときに、カメラワークっていうのかな?ちょこちょこタレントさんの驚いた表情とか、びっくりしている表情などが入りますよね…。
あれ、いります?
思いっきり不要だと思うんだけど、そう思ってるのは私だけ?

あれって、放送に流す映像の切り替えを指示してる人(ディレクター?)の考えですよね?
「一瞬の隙をついて、こんなシーンも入れることができる!」とかのつもりなのかな?
まさか、視聴者が本物の芸に感心してるタレントの表情を見たがってる…とでも、本気で思ってるのかな?
そういう要らないカメラワークを見せられると、思わず「どこ映してんだよ…ばかか?」と、毎回思う。
思うだけでなく、思わず声に出る。

同様に、普通に漫才やコントを映すときも、カメラの切り替えが多すぎだと思う。
漫才で、喋ってる方をアップにしたり、面白い動きをしている手元をアップにしたり…。
そうじゃないでしょ?^^;
まさかと思うが、カメラワークでさらに漫才を面白くする…とか、動きのあるコントにさらにカメラワークで臨場感やライブ感をアップさせ、面白いものにする…なんていう考えだとしたら、ただの奢りかな。
同じカメラワークだけだと、視聴者が飽きるとでも思ってるのかな?

うざいカメラワーク、誰も止めないのかな?
現場で一番偉い人だろうから、その人がいいと思ったら、バカなことでもそうなっちゃうのかな…。
ほとんどの局で同じだから、テレビ業界の人は、本気でそれがいいと思ってるのかな?

もしかして、私が知らないだけで、芸を見てるタレントの感心した表情を抜くのは、出演するときの契約とかお約束なの?
そんなことないよね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

-|2015年09月 |2015年10月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます